hiroroの手作りガーデン日記

小さな庭に大好きな花いっぱい育ててま~~す♪

Top Page › ボケましょう♪ › 雨の日劇場 ボケましょう♪
2012-06-19 (Tue)  10:44

雨の日劇場 ボケましょう♪

ame1.gif台風が接近しています。
各地に警報が出ています。
みなさんお気を付けくださいね。

という訳で本日は雨の日劇場開幕です。

私の父はとても手先の器用な人でいろんなアイデア作品を作るのが趣味、夏休みの工作はいつも父の独断場でした。
今年は何を作ろうかな。と子供より楽しみにしてて毎年とても子供では作れないようなものを制作して、たぶん先生もわかってたやろうけど提出していました。

玄関開けたらオルゴール鳴る家の模型とか本物のように馬が上下しながら回るメリーゴーラウンドとか(
笑)ありえないでしょ。

そんな父も今から20年前70歳で亡くなりました。
入院中に泊まり込んだときは手首同士をひもで結んで「私が寝てしまってたら用があるときひも引っ張ってね」と言いながら仲良し親子のようでなんとなく嬉しい感じでした。

お通夜お葬式は大津の実家で行いました。
遺体と一緒に棺桶に入れるものをこれ入れる?これどうする?
入れといたらええんちゃう?って選り分けてるうちにあれもこれも入れといたら、になってしまって
誰かが「棺桶、不用品入れちゃうで!」の一言でまたぞろぞろ出したのでした。

お坊さんが来て枕教をあげてもらって弟が玄関までお見送りに行きました。
帰ってきた弟が「お坊さん、玄関でけつまづいてお布施と戒名落とさはってん。
どっち先拾わはんにゃろ、って見てたら
お布施やったわ。」っていたずらっ子みたいに笑って言ったのでした。

お通夜には冠婚葬祭でしか顔を合わせなくなってしまった親戚やいとこが来て涙ながらに話したりしていましたが、久々会って懐かしくだんだん大笑いしながら話したり、また父の思い出になるとしんみりしたりで
感情がよくわからない状態でした。

夜も更けてお開きになって、帰ろうとした西宮のおじさんの黒い靴がないことに気づき大騒ぎ。
おじさんは28センチぐらいの大足で、代わりの靴がありません。電車で来られてるので草履という訳にもいかず結局私が西宮の自宅まで送り届けました。

翌日お葬式の時「ゆんべはすんません・・・間違って靴はいて帰った・・」と言ったのは私のいとこでした。25センチサイズの人なのになんでぷかぷかの靴を履いて帰って気づかんのか、歩いたらわかるやろ、とだれもが思ったのでした。

お葬式も無事終わりそのまま初七日の法要を自宅で行いました。
9月の秋分の日でなんでかお経をあげてるお坊さんのハゲ頭にハエが止まっててお葬式もひと段落でなんか緊張感がなくなってた私はおかしくておかしくてこらえるのに必死でした。

最後に長男である弟が皆さんにお礼の言葉を申し上げました。
こらえていたものが込みあがてくるのを抑えながら淡々と語る弟の言葉が心にしみていい挨拶やったなぁ。。と誰しも思っていましたが、その後弟は足がしびれて立ち上がれず、せっかくのあいさつを最後は笑いに代えるなんて弟ながらあっぱれな奴だ、と思いました。
ハエからこらえてた私がたぶん一番笑ったと思う。

伊丹十三さんの名作「面ろうてやがて悲しきお葬式」を実感する思い出です。
この記事は父の日に亡き父を思い出しながら書きました。

残っている最後の父の写真は「歩いて琵琶湖を渡る」という発泡スチロールみたいなのを両足に履いて琵琶湖に笑って立っている写真です。
普段はシャイでお酒が入ると一気に酒乱に変身する嫌な面もありましたが、すらっとして男前やったし今生きてたら一緒にガーデングッズを手作りできたのになぁ、と思い出しながらちょっとうるうるしてしまいました。

おとうちゃん、いつも守ってくれてありがとう

今日もお越しいただきありがとうございました。
明日もいい日でありますように・・
お帰りの前にh01.gif
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 三田(市)情報へ にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ

関連記事

最終更新日 : -0001-11-30

うるうる * by 天使の薔薇庭 Nana
なんだかうるうるきちゃうお話でした。

お父様器用でHiroro様の自慢のお父様だったんですね。
生きていたら今頃特許をいっぱい取ってたかもしれませんね^^

私の父は健在ですがなかなか一緒に時間を過ごすことが出来ません。
死んで後悔したくないからもっと大事にしないとね。
ありがとうございました。

* by おかず。。。
肩震わせながら笑いこらえて読ませて貰いましたよi-179

最後の発泡スチロール履いて琵琶湖で微笑んでるお父様の写真、機会があったら見てみたいですi-185

最後、私の目にも涙が・・・ウルウルしてしまいました。

2年前の夏に亡くなった父の事思い出しました~i-189

こんにちは♪ * by HanaHana
hiroroさんのガーデンアイディアはお父様譲りかしら♪
お父様がお元気でいらっしゃったらhiroroさんのガーデンはもっとすごいコトになっていたのでしょうね!
手先が器用な上にアイディアマンのお父様うらやましいわ♪

28㌢の大きな靴を履いて帰られた姿想像してクスッと笑いつつ自分のことを思い出しました…子供のスイミングスクールで人のを履いて来ちゃった事あります(~_~;)
帰りに寄ったスーパーでなんだか歩きにくいなぁ~!と気が付き慌てて戻りました(';')

私の父も亡くなって20年になります…
私が長男を出産した翌日に父が入院して一月半で亡くなってしまったのでまったく看病する事ができなかったことが心残りです。

天使の薔薇庭 Nanaさんへ * by hiroro
今から思うと面白い父だったけど、子供のころは怖くて、大人になってからもそれほど近い存在ではなかったように思います。

今思えばしておきたかったことがいっぱいあったのに。
ご存命の間にいっぱいしてあげてくださいね。

おかず。。。さんへ * by hiroro
2年前・・まだ最近ですね。
書いてると他にも思い出すことがいっぱいあって・・
こんな機会がなかったら書き残すこともなかったなぁ、と思います。

それぞれのお父さんの思い出っていっぱいあるでしょうし、
父の日、母の日ってただ生きてるときにプレゼントあげるためだけの日じゃなくて、
亡くなった人を偲ぶ日でもあるかもしれないですね。

HanaHana さんへ * by hiroro
書いてるうちにいろんなこと思い出してちょっと感傷的な気分になった父の日でした。
世の中にはお父さんっ子って言う人もいっぱいらっしゃるでしょうけど、
私にはそれほど近くに感じられる父ではなかったですね。

無口でいつもなにかこつこつ作ってるイメージですがたまにつまらん冗談言って笑ってた記憶もあります。やっぱりどこか血をひいてるんでしょうね。

あの時ああすれば・・と思うこと私もいっぱいあります。

sanda_farm * by -
いいお父さんですね。
読んでいてウルウル、ほのぼのしました。
hiroroさんの手作り上手はお父さん似だったんですね♪

こんばんは * by もも
お父さんの思い出、
しんみりするはずなのに
なぜかオチがついてて笑いが~!!
私も父との思い出を、って
ごめんなさいまだ生きてます
たまには顔を見に行かないとな~

台風の被害、大丈夫ですか?
こっちはぼちぼちと影響でてきたようです

sanda_farmさんへ * by hiroro
やっぱり血は争えないということでしょうか・・
どこかしら引き継いでるもんがあるんでしょうね。
次回は笑える話をご用意しときますね。

ももさんへ * by hiroro
お葬式はハプニングの宝庫ですね。
忘れられない思い出です。

台風気にかけていただいてありがとうございます。
私の住んでる地域は朝から警報出ていましたが少し風雨がきつくなったぐらいで
いつの間にか過ぎたようです。

雨の日劇場~パチパチ♪ * by まい
ちょっと寂しく、ほんわかあったかいお父さまの思い出ですね。

うちの父も4年前に他界しました。
お父さん子でしたから、ワンワン泣きました。
葬儀の司会をしてくれた子が知り合いで、最後のお別れの時は彼女の方が泣いてしまって、わたしはうれしくなったのがとても心に残っています。

なんだかhiroroさんの思い出なのに、自分をダブらせてしまったわたしでした。
お茶目なお父さまがいらして、今のhiroroさんがあるんだなぁ~と、お会いした事のないhiroroさんのお父さまに思いを馳せました。

まいさんへ * by hiroro
4年前・・・まだ最近ですね。
お父さんっ子だったら余計に辛かったでしょうね。

自分では全く意識してなくてもやっぱりどこか似てるんでしょうね。
まいさんも引き継いでるとこあるんじゃぁ?

書きながらいろんなこと思い出したけどみんな書けばどんどん長くなるし
そこまで皆さんも聞きたくないだろうし・・
これでも加減して書いたのですよ。
思い出は尽きないですね。

Comment







管理者にだけ表示を許可

うるうる

なんだかうるうるきちゃうお話でした。

お父様器用でHiroro様の自慢のお父様だったんですね。
生きていたら今頃特許をいっぱい取ってたかもしれませんね^^

私の父は健在ですがなかなか一緒に時間を過ごすことが出来ません。
死んで後悔したくないからもっと大事にしないとね。
ありがとうございました。
2012-06-19-12:12 * 天使の薔薇庭 Nana [ 編集 ]

肩震わせながら笑いこらえて読ませて貰いましたよi-179

最後の発泡スチロール履いて琵琶湖で微笑んでるお父様の写真、機会があったら見てみたいですi-185

最後、私の目にも涙が・・・ウルウルしてしまいました。

2年前の夏に亡くなった父の事思い出しました~i-189
2012-06-19-13:43 * おかず。。。 [ 編集 ]

こんにちは♪

hiroroさんのガーデンアイディアはお父様譲りかしら♪
お父様がお元気でいらっしゃったらhiroroさんのガーデンはもっとすごいコトになっていたのでしょうね!
手先が器用な上にアイディアマンのお父様うらやましいわ♪

28㌢の大きな靴を履いて帰られた姿想像してクスッと笑いつつ自分のことを思い出しました…子供のスイミングスクールで人のを履いて来ちゃった事あります(~_~;)
帰りに寄ったスーパーでなんだか歩きにくいなぁ~!と気が付き慌てて戻りました(';')

私の父も亡くなって20年になります…
私が長男を出産した翌日に父が入院して一月半で亡くなってしまったのでまったく看病する事ができなかったことが心残りです。
2012-06-19-13:57 * HanaHana [ 編集 ]

天使の薔薇庭 Nanaさんへ

今から思うと面白い父だったけど、子供のころは怖くて、大人になってからもそれほど近い存在ではなかったように思います。

今思えばしておきたかったことがいっぱいあったのに。
ご存命の間にいっぱいしてあげてくださいね。
2012-06-19-16:44 * hiroro [ 編集 ]

おかず。。。さんへ

2年前・・まだ最近ですね。
書いてると他にも思い出すことがいっぱいあって・・
こんな機会がなかったら書き残すこともなかったなぁ、と思います。

それぞれのお父さんの思い出っていっぱいあるでしょうし、
父の日、母の日ってただ生きてるときにプレゼントあげるためだけの日じゃなくて、
亡くなった人を偲ぶ日でもあるかもしれないですね。
2012-06-19-16:50 * hiroro [ 編集 ]

HanaHana さんへ

書いてるうちにいろんなこと思い出してちょっと感傷的な気分になった父の日でした。
世の中にはお父さんっ子って言う人もいっぱいらっしゃるでしょうけど、
私にはそれほど近くに感じられる父ではなかったですね。

無口でいつもなにかこつこつ作ってるイメージですがたまにつまらん冗談言って笑ってた記憶もあります。やっぱりどこか血をひいてるんでしょうね。

あの時ああすれば・・と思うこと私もいっぱいあります。
2012-06-19-16:57 * hiroro [ 編集 ]

sanda_farm

いいお父さんですね。
読んでいてウルウル、ほのぼのしました。
hiroroさんの手作り上手はお父さん似だったんですね♪
2012-06-19-20:25 * - [ 編集 ]

こんばんは

お父さんの思い出、
しんみりするはずなのに
なぜかオチがついてて笑いが~!!
私も父との思い出を、って
ごめんなさいまだ生きてます
たまには顔を見に行かないとな~

台風の被害、大丈夫ですか?
こっちはぼちぼちと影響でてきたようです
2012-06-19-20:30 * もも [ 編集 ]

sanda_farmさんへ

やっぱり血は争えないということでしょうか・・
どこかしら引き継いでるもんがあるんでしょうね。
次回は笑える話をご用意しときますね。
2012-06-19-21:00 * hiroro [ 編集 ]

ももさんへ

お葬式はハプニングの宝庫ですね。
忘れられない思い出です。

台風気にかけていただいてありがとうございます。
私の住んでる地域は朝から警報出ていましたが少し風雨がきつくなったぐらいで
いつの間にか過ぎたようです。
2012-06-19-21:08 * hiroro [ 編集 ]

雨の日劇場~パチパチ♪

ちょっと寂しく、ほんわかあったかいお父さまの思い出ですね。

うちの父も4年前に他界しました。
お父さん子でしたから、ワンワン泣きました。
葬儀の司会をしてくれた子が知り合いで、最後のお別れの時は彼女の方が泣いてしまって、わたしはうれしくなったのがとても心に残っています。

なんだかhiroroさんの思い出なのに、自分をダブらせてしまったわたしでした。
お茶目なお父さまがいらして、今のhiroroさんがあるんだなぁ~と、お会いした事のないhiroroさんのお父さまに思いを馳せました。
2012-06-19-23:57 * まい [ 編集 ]

まいさんへ

4年前・・・まだ最近ですね。
お父さんっ子だったら余計に辛かったでしょうね。

自分では全く意識してなくてもやっぱりどこか似てるんでしょうね。
まいさんも引き継いでるとこあるんじゃぁ?

書きながらいろんなこと思い出したけどみんな書けばどんどん長くなるし
そこまで皆さんも聞きたくないだろうし・・
これでも加減して書いたのですよ。
思い出は尽きないですね。
2012-06-20-03:19 * hiroro [ 編集 ]