hiroroの手作りガーデン日記

小さな庭に大好きな花いっぱい育ててま~~す♪

Top Page › 大切な家族 › なっちゃんの卒園、特養の母
2019-03-29 (Fri)  15:07

なっちゃんの卒園、特養の母

なっちゃんが保育園を卒園しました。
大好きな先生と733619.jpg
0歳から6年お世話になってパパもママもなっちゃんも感激でうるうるの式だったようです。
私は朝から双子の子守。
いろいろお話しできるようになりました。
お昼やおやつや食べてる時にいっぱい話せたし、二人とも少しもぐずらずによく笑ってよく話して歌ったり踊ったり。
私は心から癒されてメロメロでした。
式が終わって風邪気味のパパはお昼寝、ママとなっちゃんはお食事会があってまたお出かけ、
みんなが大好きな巻き寿司を夕食用に双子と一緒にいっぱい作ってお留守番してました。
晩御飯の時も次の日もばあちゃんときゅうりまきまきしたって嬉しそうに言ってたそうです。
私が帰ろうとすると二人が急いで靴下取りに行って大急ぎで履いて半分はいたところで靴も大急ぎで履いて、ママにバイバイのハイタッチして一緒に行くと言ってくれて、私は嬉しくて泣きそうでした。
本気で連れて帰って双子を世話してみたいと思ったけど、チャイルドシートがなかったら二人が運転席まで登ってくるよ~と娘に言われて断念しました。
散々一緒に行くというてたけど、「イチゴ食べておいで~~」というと「は~~い」って靴脱ぎ捨てて走ったのは笑ったわ。
一瞬でイチゴに負けた・・

京都のお墓参って特養に居る母の顔を見に行きました。
IMG_164719.jpg
「はじめてお目にかかります。よろしくお願いします・・」と挨拶されました。
冗談好きな母ならいいそうなことだけど、本気で言うてると思うと少し悲しい気持ちでした。
話は何十年も昔の話のようで、出てくる人も誰のことかわからないけどとにかく話は尽きず・・こちらの話かけは聞こえないようでした。
ただ今までとちょっと違うなと思ったのはあまり楽しそうでなく急に無表情で黙り込んでしまうところでした。
母の中で何かが変わってきてるのかなという印象でした。
部屋に戻る時には手押し車を押して一人で歩いていました。
97歳。ありがたいような寂しいような・・・
元気でよかったと思いとやっぱり帰り道はため息が出てしばらく無言になってしまいます。

帰りに有馬の関所カフェでお茶。
コッペパンサンドが売り物のお店です。
私は大海老フライが2本入った人気のメニュ。サラダ小鉢スープデザート付き。
190326.jpg
娘はトマトの窯焼きピザコッペ。
3時回ってたけど遅めのランチで。
ゆっくりいただきました。
いつも予定を合わせて運転を引き受けてくれる娘に感謝です。

今日もお越しいただきありがとうございましたsecuredownload8.gif
明日もみなさんにとっていい日でありますように・・
お帰りの前にh01.gif

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 三田(市)情報へ



関連記事

最終更新日 : 2019-03-30